文章を書く事からお金を得るためのスキルやおすすめサイト

インターネットが普及する前までは、一般の人が書いた文書をお金に換えるという手段がほとんどありませんでした。

 

しかし、クラウド化が進んだ現代では誰でも気軽に、オリジナルの文章をお金に換えることが出来るようになってきています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

在宅ワークおすすめ

文章を書く事からお金を得る方法

当然ですが、小説家になって芥川賞や直木賞を目指す事や、出版社に入って雑誌の記事を書くといった事は省きます。

 

現在では一般の人が文書を書いてお金を得る事は、そう難しい事ではなくなってきました。

 

ランサーズなどに代表される、クラウドソーシングが広がり誰でも気軽にライティングの仕事を行う事が出来るようになってきました。

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

「wikipedia クラウドソーシング」より

wikipedia クラウドソーシング

 

こういった仕事は、基本的には副業やお小遣い稼ぎに向いているため、始めるための敷居は非常に低く設定されています。

 

中でも特に、未経験者が始めやすい仕事内容としてクチコミライターや紹介文作成などがあります。

 

ライティングの仕事の初級編として、最も適したサイトはサグーワークスです。

 

まずは、こういったサイトで文章作成について慣れる事が第一歩となります。

 

もちろんクチコミやちょっとした紹介文でも、きっちりとお金が入りますのでモチベーションが上がり、次のステップ進み易くなるでしょう。

 

クチコミ記事などでは物足りなくなってきたら?

 

それは、まさにあなたが成長している証です。

 

文章を書く事に慣れてきて、少しハードルを上げてみたいと思えてきたらジャンルやキーワードに沿って文章を作成する仕事にステップアップしてみてはいかがでしょうか。

 

そして、中級編としておすすめしたいのが Shinobiライティングです。

 

与えられた題目について文章を書けるようになれば、さらに仕事の幅も広がっていきます。

 

こういった内容の文章が書けるようになると、クチコミ記事の作成などでは中々得られなかった充足感が味わえるようになりさらなるステップアップに繋がります。

 

上級編へのステップアップとして必要な事は?

 

最初に紹介したサグーワークスのシステム一つであるサグーワークスプラチナを始める事ががそれにあたるでしょう。

 

このシステムは、独自の試験に合格することでプラチナライターと呼ばれる称号が与えられ、通常よりも高単価な仕事を受注できるようになるものです。

 

もちろん、報酬が高くなればそれに見合った文章力も要求されますし、プロの仕事には付き物の、締切りというものもありますので大変です。

 

しかし、ここまで来ればあなたも立派なプロのライターです。さらにライティングスキルを磨きステップアップしていって下さい。

 

プラチナライターの試験を受ける事は誰でもできますので、腕に自信がある方はコチラから申し込んでみてはいがでしょうか。

ちょっとしたライティングスキル

ここでは文章の作成に行き詰ったときに、私が行う方法をひとつお教えします

 

この方法は普段文章を書かない人にもおすすめ出来るので、是非実践してみてください。

 

文章とは関連する文と文の集合体です。

 

整合性のとれた文と文との連なりが、美しい文章へと広がっていくのです。

 

普段文章を書く機会が少ない人はもちろんですが、慣れている人でも、頭の中で思い描いたことを文章としてアウトプットするのはなかなか難しいものです。

 

思ったように筆が進まない時には、断片的でも構わないので、頭に浮かんだ文を箇条書きの様な形でパソコンに打ち出してみて下さい。

 

文どうしに関連性がなくても構わないので、なるべく多くの文を並べてみてください。

 

いくつかの文を書き終えたら今度は、出来るだけ時間をかけてじっくりと眺めてみてください。

 

時間をかけて文を眺めていると、何となく文の前後に繋がる文や接続詞などが浮かんでくるはずです。

 

そして、浮かんできた文を実際に打ち込んでいってみてください。

 

もともとそこにあるはずの文を見つけるパズルのようなイメージで行うと上手くいきます。

 

パズルが進むにつれて、文と文が連って文章になってくるはずです。

 

例として実際に作ってみましょう

斜面の岩肌に一輪の青い花が咲いていた。

 

斜面の岩肌に一輪の青い花が咲いていた。そして、彼女はそっと花に触れ優しく微笑んだ。

 

斜面の岩肌に一輪の青い花が咲いていた。そして、彼女はそっと花に触れ優しく微笑んだ。
その表情は無邪気な子供のそれにも見えたが、彼女の心情を察するといたたまれない気持ちが溢れてくる。

 

出発してから1時間ほど山道を進んだ時だった。
斜面の岩肌に一輪の青い花が咲いているのが僕たちの目にとまった。
彼女はごく自然な素振りでそっと花に触れ、そして優しく微笑んだ。
その表情は無邪気な子供のそれにも見えたが、彼女の心情を察すると、いたたまれない気持ちが僕の心に溢れてくる。

彼らはどこに向かっているのか、そして彼女に何があったのか。
つづきが気になるところですがこの辺にしておきます。

 

文と文を繋げていくと必ず前後の整合性が取れなくなる場合が出てきます。もちろん、その時は修正したり接続詞を加えたりと、文章全体を整えてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 


PR

トップページ