ライティングという仕事を行うことの4つのメリットと少しのデメリット

数ある在宅ワークの仕事の中でも、募集案件が一番多いのがライティング系のお仕事です。

 

募集されている案件の分野も広いため、初心者から上級者まで幅広く活躍できるのがライティングという仕事のひとつの特徴です。

 

在宅ワークおすすめ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ライティング系ワーカー4つのメリットとは

特別な設備投資が必要ない

ライティングの仕事を行うためには、パソコンが一台、そしてインターネットが使える環境が整っていれば、誰でもすぐに始められるという手軽さがメリットのひとつではないでしょうか。

 

総務省が行った平成26年度の調査では、パソコンを所有している世帯はおよそ78%に上るとしています。

平成26年末の情報通信機器の普及状況をみると、「携帯電話・PHS1」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.6%、78.0%となっている。また、「携帯電話・PHS」の内数である「スマートフォン2」は、64.2%(前年比1.6ポイント増)と急速に普及が進んでいる。

 

「総務省 主な情報通信機器の普及状況」より

総務省 主な情報通信機器の普及状況

 

もし、あなたがパソコンを所有していないとしても、文章を作成する仕事においては、5万円以下の安価なパソコンで十分事足ります。

 

ネット環境にしても、大容量データを取り扱うわけではないため、極端な話スマートフォンからのテザリングなどでも問題無いでしょう。

 

もしかしたら、スマートフォン+キーボードでもこなせてしまうかもしれませんが、さすがに効率が悪いためおすすめはできませんが・・・

 


PR

初心者でも始めやすい

ライティングの仕事というのは、他の在宅ワークに比べて未経験でも始めやすいのがメリットです。

 

例えば、簡単な内容を例にあげると、ドラマの内容に対するレビュー記事(100文字以上)などがあります。100文字というとピンと来ないかもしれませんので、簡単なレビュー記事の例文をつくってみます。

依頼内容 : 人気ドラマ〇〇 第5話のレビュー ネタバレ有り

 

↓ここから

 

第5話の放送を見ました。4話の最後に登場した〇〇がやっぱり、今回のキーマンでしたね!まさか主役の〇〇が初登場したシーンにあんな意味があったなんて・・・この監督は前作の〇〇でもそうでしたが、いい意味で期待を裏切って来ますよね。

 

↑ここまでで112文字です。

 

もちろん、こういった簡単な内容の仕事は報酬も安いですが、ライティングの練習ができてお金も入るとなれば初心者にはうってつけではないでしょうか。

 

自身のライティングスキルの向上が報酬アップに繋がる

 

ライティングの仕事は始めるのは簡単ですが、スキルを向上させるにはそれ相応の努力が必要です。

 

ライティングのスキルを上げるためには、文章についての勉強をすることも大事ですが、それよりも必要なことは、たくさんの文章を作ることです。

 

つまりは、仕事をどんどんこなすことが文章上達への近道となるわけです。

 

そして、ライティングについて学んでいるという実感がないまま、気が付くと高い文章力が身についているという結果に至るのです。

 

ライティングのスキルが上がるということは、仕事の選択肢が当然増えます。そうなってくると、それに比例して報酬も増えてくるわけです。

 

在宅ワークおすすめ

 

このパターンに上手く入ることができると正のスパイラルが生まれるため、仕事を続けるほどに有利な状況になっていくことができるのです。

 

ちょっとしたデメリット

ライティングを始めるための敷居が低いということは、メリットでもありますがデメリットにもなります。
誰でも始められてしまうため、簡単な人気案件ほど競争率が激しくなってしまいます。

 

しかし、ほとんどの人が数回記事を書いたら辞めてしまうため、継続して自身のライティングスキルを伸ばし、選べる案件の選択肢が増えてくれば逆に競争率は低下していきます。

 

特別な知識やスキルを持っていれば、より高い報酬が得られる

 

こちらは全ての人に当てはまるわけではありませんが、専門性の高い分野の知識があれば、競合が少なく、そして報酬も高い案件に挑戦ができます。

 

当然、希少性が高いほど価値が上がるため、自分が昔やっていた趣味や仕事を思い返してみてください。思わぬ分野の募集案件に出会えるかもしれませんよ。

 

例えば、外国語が得意であれば翻訳関係の仕事を。医療分野で働いていた経験があれば、それに関する専門性の高いライティングの仕事を探すことができます。

 

趣味の分野においても、映画が好きな人なら俳優や監督、撮影技法など、ただの映画好きから一歩踏み入ることで専門性の高い文章を作ることができるようになるでしょう。

デメリットを知ることでメリットを最大限に活かしましょう

全ての物事には表と裏、メリットとデメリットが必ずあります。

 

あなたが在宅ワークに興味を持ち、その中のライティングの仕事をはじめてみようと考えるのであれば、すぐに簡単な案件をやってみるべきです。

 

しかし、ある程度数をこなしたうえで、この作業に苦痛を感じるのであれば、一旦ライティングの仕事とは距離をおくべきです。
無理に一つのジャンルにこだわる必要はありません。何故なら、他にもたくさんの在宅で行える仕事があるからです。

 

フリーワークスが厳選したおすすめの在宅ワークサイト11選 【2016年 保存版】

 

人間には得手不得手があるため、文章を作るということが、根本的に苦手な人がいるのです。
苦手な分野を無理に伸ばすより、出来るだけ得意な分野を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 


PR

トップページ