内職系の仕事

在宅ワークおすすめ

内職という仕事の特徴

昔からある在宅ワークの原点です。パソコンが普及するまえまでは、在宅ワークとしてんの選択肢はほぼ内職しかありませんでした。

 

仕事の内容は、昔からある簡単な袋詰め作業やシール貼りなど定番の仕事ももちろんありますが、昔はなかった商品もたくさん出てきているため、選択の幅は格段に増えています。

 

パソコンでの作業が嫌いな人にとっては、唯一の選択肢になるかもしれませんね。報酬単価が安いイメージですが、必ずしもそうとは限りません。

 

特に専門的な技術を持っていれば、かなり割のいい仕事も数多く存在しています。

 

例えば、あなたの得意分野に書道があった場合は、賞状の作成などの仕事もあります。

 

パソコンの普及で仕事量も確かに減っていますが、高級品や特殊なものなどニッチな分野での需要がゼロになることはありません。

 

あなた自身のスキルを高めていけば、より安定した収入が得られるでしょう。

 

自分の得意な事は何なのかを考えてみてください。仕事としては生かせそうに無いような事でもあなたのそのスキルを必要としている人がいるかもしれませんよ。

内職という仕事のメリットやデメリットは?

内職の仕事のメリット

 

内職のメリットは、アナログ的な仕事がほとんどを占めるため、パソコンが苦手な人や、実際に手作業をするのが好きな人には最適な在宅ワークとなる事です。

 

やはり、苦手だったり嫌いな分野の仕事をするのは好ましい事ではありません。

 

何と言っても、あなた自身が無理をせず出来るだけやりたい仕事をする事が最良の選択となるでしょう。

 

内職の仕事のデメリット

 

やはり、報酬単価は全体的に低いと言わざるを得ません。単純な作業であればあるほど時給換算すると厳しい金額になってしまいます。

 

しかし単純作業であるが故、慣れれば慣れるほど効率は上がり多くの作業をこなせるようになるでしょう。 さらに、技術力が必要な仕事(裁縫や書道など)をこなすスキルがあれば収入は跳ね上がります。


PR

トップページ